【B’z機材】1991年製ゴールド・トップと同時期のレスポール考察

松本さんが長年愛用する「1991年製ゴールド・トップ#1-5283 (以下『91GT』)」と全く同じモデルは近年では入手困難かつ価格高騰していることもあり「せめて同時期のレスポールを」と検討されている方もいらっしゃると思います。

今回は91GTと同時期のレスポールについて主に当時のカタログモデルについて簡潔にではありますがまとめていきます。ここで紹介するのは1991年~1993年に販売されていた近年「プリ・ヒストリック」と呼ばれているリイシューやその派生モデルのみとしています。余談ですが私自身は今回紹介する全てのカタログモデルおよびいくつかの特別オーダーモデルの所有経験があり、現在は91GTのみを手元に残しています。

ちなみに91GTは"Les Paul Reissue Gold Top"が正式名称で、"Custom Shop Edition"として販売された「カタログ外モデル」です。当時の広告を載せておきます。

写真:リットーミュージック『ギター・マガジン』1992年11月号内広告

松本さんの91GTの各部詳細については別記事にまとめていますのでそちらを参照してください。

【B’z機材】1991年製ゴールド・トップを徹底解剖

'59 Flametop Reissue

写真:ギブソン『ギターカタログ』1992年版 P.4

当時のリイシューのフラッグシップ・モデルで定価は63万円でした。ボディ材が「(基本的に)杢目のソフトメイプル・トップであること以外は」細かいパーツに至るまで91GTと同じ仕様です。

ただボディ・トップ材の影響なのか、個人的な印象としてはサウンドはあまり91GTには似ていないと感じています(イメージとしては初代CYとTak Burst、あるいは初代TAK DCとFlame Top (Cherry)のTAK DCの違いのような感じと思っていただければ)。

ちなみに"60 Flametop Reissue"も後に販売されていて、こちらは後述のレスポール・クラシックと同じ「薄く・細い」ネック形状が特徴です。

さまざまな特別オーダーモデルが存在

上述の2モデルは当時さまざまな特別モデルが販売されていて、かつて松本さんも所有していたジミー・ウォレス・モデル(下の広告の黄色枠囲みの個体) 、21本限定の1992年製ノーマン・ハリス・モデル、20本限定の1993年製山野楽器オーダーモデルなどが存在します。

写真:リットーミュージック『ギター・マガジン』1992年6月号内広告

※1992年製ノーマン・ハリス・モデル

写真:プレイヤー・コーポレーション『Player』1998年3月号 P.189

Reissue Gold Top (P-100 P.U.)

写真:Gibson『ギターカタログ』1992年版 P.5

カタログラインのゴールド・トップでピックアップは"P-100"が搭載されていて、定価は35万円でした。こちらはピックアップ以外はネック形状も含めて91GTと同じ仕様ですのでハムバッカーに改造すれば91GTと同仕様になります(91GTはこのモデルをベースにハムバッカー仕様に変更した「カタログ外モデル」)。

※上のカタログ写真ではペグがナットで締めるタイプになっていて1990年までのリイシューの仕様ですが(通常はヴィンテージ同様のブッシュタイプ)、1991年前半にはまだこの仕様のリイシューが存在するのが複数確認されていて混在しているようです(海外のオークションでは時々出品されています)。

Les Paul Classic

写真:Gibson『ギターカタログ』1992年版 P.5

後のクラシックと違ってヘッドに"Les Paul MODEL"表記が施された当時定価25.8万円のレギュラーラインですが、木部の仕様は「ネック形状以外は」91GTと全く同じです。この理由は時代背景や販売戦略などから判明していますがここでは省略します。興味のある方は検索してみてください。

レスポール・クラシックはネック形状がかなり「薄く・細い」ため好みがわかれるところですが、個人的には一般に流通しているレスポールとしては外観・サウンド共に最も「91GTっぽさ」を感じられるモデルだと思っています(ピックアップは57クラシックなりバーストバッカーなりお好みのものに交換されると良いかと思います)。

ちなみに1992年頃から販売される「レスポール・クラシック・プラス」はレスポール・クラシックのボディ材を杢目のメイプル・トップに変更したモデルです。

⇒2022/01/21更新
※上記はあくまでも1990年~1993年の"Les Paul MODEL"表記が施されたクラシックに限定される話です。1993年までのクラシックとリイシューに共通点があることを拡大解釈し、1994年以降のクラシックを価格高騰させるネタに利用されている例が近年増えていますので購入検討される際には注意が必要です(結果として誤った情報が新たに生成され広まっているのは残念です)。

57クラシック標準搭載の"Custom Shop Edition"も存在

写真:リットーミュージック『ギター・マガジン』1992年5月号内広告

こちらのレスポール・クラシックはピックアップが57クラシックでプレーンのトラスロッドカバーとピックガード、そしてヘッド裏には"Custom Shop Edition"のデカールが入っています。そのためボディをゴールド・トップにリフィニッシュすれば(ネック形状以外は)91GTとほとんど同じモデルになります(近年人気のモデルですので即売れですが…)。

ちなみにこの限定モデルと91GTに搭載されているアッセンブリーユニットのポットデイトはほぼ同時期であることやシリアルナンバーが91GTと100番程度の違いとなっていることからも製造時期が近いようで、そのためなのかサウンドの傾向も近いと感じました(普段リペア・カスタマイズをお願いしているリペアマンさんと一緒に91GTと弾き比べをした際にも同様の感想をいただきました)。

おわりに

以上簡潔にではありますがまとめてみました。リイシューとしての再現度という観点ではヒストリック・コレクションに大きく譲りますが、個人的には当時の音楽シーンにマッチしたサウンドと演奏性を兼ね備えた素晴らしいモデルだと思っています。特にネック形状はテクニカルな演奏にも対応しやすく、1993年~1994年頃の松本さんが91GTでテクニカルなフレーズを連発していたのも納得です。

ただし、サウンド・演奏性双方に影響のあるネック仕込み角のばらつきが大きいため、検討に際しては複数の同モデルを試奏する機会を設けることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です