魔改造⁈松本さんのロッキンマジックプロは特殊仕様!

以前の記事で松本さん本人仕様の"MG-MIII Custom"に搭載されている"Rockin' Magic-Pro 3"(以下「RM-PRO3」)のアームバーはフロイドローズ・オリジナルに換装されていることを検証しました。

【B’z機材】ロッキンマジックプロ:本人仕様はフロイドローズのアームバー!

ただ、その時点では「バックパネルに弦交換用のスリットが開いていない理由」については解明できなかったのですが、先日解明のヒントとなる特殊仕様のRM-PRO3を搭載したモデルを入手することができました(同仕様の個体は過去1本しか見たことがなかったため随分探し回りましたが見つからず、最終的にはツイッター上で拡散リツイートにより情報提供いただくことで実現しました)。

結論から申しますと、松本さんが使用するRM-PRO3はアームバーだけでなくサスティーンブロックもフロイドローズ・タイプに改造された特殊仕様であることが判明しました(別途作成を予定している「本人仕様の"MG-MIII Custom"と市販品の"MG-M Custom"の違い」の検証記事内で特殊仕様のRM-PRO3が搭載されていると結論付けた理由を述べます)。

今回はその特殊仕様のRM-PRO3について細部にわたりオリジナルと比較していきたいと思います。

全形写真

一見ごく普通のRM-PRO3のようですが、以前別記事で検証した通り特殊仕様品のアームバーはフロイドローズ・オリジナルです。

一方、裏面を比較すると特殊仕様品はアームバーに加えてサスティーンブロックもフロイドローズ仕様に改造されているためボールエンドを切断する必要があり、RM-PROシリーズ最大の特徴を敢えて排除しているのがわかります。

また、特殊仕様品のサスティーンブロックはオリジナルよりも後方(アーム・ハウジングとほぼ同位置)に配置されているため、市販の"MG-M Custom"に装着するとザグりに干渉してアームダウンができません。そのため、松本さん本人仕様の"MG-MIII Custom"はザグりがボディ・エンド寄りに施されています。

ベースプレート

特殊仕様品のベースプレートは黄色囲みのようにサスティーンブロック位置の変更に伴い、オリジナルのベースプレートを溶接してサドル用スリット長を短くすることでサスティーンブロック固定穴開口部を確保しています。

また、後方の3箇所の固定穴もオリジナルよりやや前方に開けられており、オリジナルとの互換性は全くありません。

オクターブ調整兼サスティーンブロック固定プレート

こちらも特殊仕様品はサスティーンブロック位置の変更に伴い、オリジナルとは全く別形状となっています。

余談ですが、このプレートはオリジナルではRM-PRO3本体のメッキ色と同色が採用されていますが、特殊仕様品は黒メッキとなっていて、以前ネット上で見かけた同仕様(特殊仕様)でユニット本体がクロームメッキのRM-PRO3もこのプレートだけ黒メッキでした。

サスティーンブロック

サスティーンブロックの形状はフロイドローズ純正に近く、材質もフロイドローズ・オリジナルと同様にブラスです。

敢えてオリジナルのスチール製を踏襲していないのは「外観はRM-PRO3、機能性・音質はフロイドローズ」を目指して製作・改造されたトレモロユニットだからではないかと個人的には思っています。

ちなみに特殊仕様品のサスティーンブロックの重量は128gで、オリジナルの107g(アーム部の27gを含めているので特殊仕様品と同一条件なら80gです)から意図して重量アップさせていると推察されます。

サドル

サドルの形状・材質は同じですが、サスティーンブロックの形状と固定位置変更に伴い、弦を通すパイプが切断されています(そのためサドル下のばねが容易に外れてしまいますので紛失には要注意です)。

全形写真(別角度)

最後に別角度から撮影した全形写真で本記事を締めたいと思います。

おわりに

今回は松本さん本人仕様の"MG-MIII Custom"に搭載されている特殊仕様のRM-PRO3を細部にわたりオリジナルと比較しました。

表から見るとRM-PRO3ですが裏側にひっくり返すとオリジナルの仕様とはかけ離れた、もはやフロイドローズと言える仕様ですよね(笑)

私自身、アームバー換装に気付いてからも「松本さん本人仕様の"MG-MIII Custom"のバックパネルには弦交換用のスリットがなぜ開いていないのだろう」というモヤモヤは残ったままでしたので、現物を入手できたことでようやくこの謎の解明に至りました。

ただ、この仕様のRM-PRO3を一般市場ではほとんど見たことがなく(恐らく主用途はエンドーサー用?)、まだまだ素性には謎が残りますので引き続き調査していきます。

最後にこの特殊仕様のRM-PRO3が搭載されたモデルの入手に際してツイッター上で拡散リツイートのご協力および情報提供いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。

追記:MG-M2Gはアームバーのみ換装

※本人仕様のMG-M2Gはギターブックの写真からRM-PRO3のオリジナルブロックの一部を切断してアームバーのみフロイドローズ・オリジナルに換装しているのが確認できます。

※MG-MIIG 2号機はアームバーのみ換装

写真:2021年発行 リットーミュージック『TAK MATSUMOTO GUITAR BOOK』P.116

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です